【セルフで眉毛ブリーチ】眉脱色はエピラット派な方もジョレンがオススメ。放置時間とやり方・使い方解説します。

【セルフで眉毛ブリーチ】眉脱色はエピラット派な方もジョレンがオススメ。放置時間とやり方・使い方解説します。

眉脱色はエピラット派な方も「ジョレン」がオススメ。放置時間とやり方・使い方解説します。

【セルフで眉毛ブリーチ】眉脱色はエピラット派な方もジョレンがオススメ。放置時間とやり方・使い方解説します。

・眉毛を明るくするだけで一気に垢抜けるし、黒髪からハイトーンの方までオススメ
・今回紹介するのは個人的にオススメな使い方なのでトラブルは自己責任でお願いします。
・よくある「ブリーチをした残りで眉毛ブリーチしたら火傷みたいに炎症した」ということはほとんどないので安心(*個人の意見です)

 

使い方:下準備編

早速使い方ですが、説明が英語で書かれてて私にはよくわかりませんでした笑

【セルフで眉毛ブリーチ】眉脱色はエピラット派な方もジョレンがオススメ。放置時間とやり方・使い方解説します。

「英語くらい読めるわ!」というハイスペックな方向けに原画置いておきますね笑

【セルフで眉毛ブリーチ】眉脱色はエピラット派な方もジョレンがオススメ。放置時間とやり方・使い方解説します。

【セルフで眉毛ブリーチ】眉脱色はエピラット派な方もジョレンがオススメ。放置時間とやり方・使い方解説します。

【セルフで眉毛ブリーチ】眉脱色はエピラット派な方もジョレンがオススメ。放置時間とやり方・使い方解説します。

「英語が読めん」とは言いましたが使い方は超簡単で、パウダーとクリームを1:2の割合でしっかり混ぜるだけ!

気を付けたいのは、やる前にメイクやクリーム等の油分はしっかり落とすこと。
私が「あると確実に便利だな」と思うのは、綿棒と紙コップのみです。

余談:付属のトレーとヘラはゴミです

【セルフで眉毛ブリーチ】眉脱色はエピラット派な方もジョレンがオススメ。放置時間とやり方・使い方解説します。

ちなみに付属のトレーやヘラは正直ゴミですね。私は買った瞬間捨ててます。
理由は終わるたびにトレーを洗うのがとても手間だから。

代わりに紙コップと綿棒を使いましょう。
ヘラだとしっかり混ざらないし、眉に塗布する際にも使えません。
でも綿棒と紙コップなら使い捨てで楽チン!面倒くさくならず楽に眉毛ブリーチできますよ。

使い方:実践編

実際の手順はこんな感じです。

  1. まず眉に垂れてこない程度に適量置きます
  2. 次にしばらくの間放置します
  3. 最後にしっかり洗い流して終わり

たった3ステップ、これだけであか抜けた眉毛が出来上がりです。
ちなみにラップやコットンで蓋をして放置する方が多いですが、これだと根元があまり抜けません
混ぜたクリームが空気を含みぷくぷくと盛り上がってきて毛の根元から離れてしまうからです。

この対策として、ラップを付ける方は定期的に手か綿棒で上から押さえつけましょう。
私のオススメは【クリームを眉に乗せてから定期的に混ぜる用の綿棒で空気を潰しながら塗り込む】です。
これだとムラが出来ないし根元までしっかり脱色できます。

放置時間は長ければ長い方がいい

放置時間ですが、よく言われる10〜15分やそれ未満だとブリーチの効力が弱すぎるのでほぼ抜けません。
個人的推奨は30〜50分の耐久戦です。

ただ長い時間やると金になりすぎて眉無しのように見えてしまうので、ここはいい塩梅で自分の髪のトーンに合わせて調整して下さい。
あと、一応書いておくと多少ピリピリはします。(そりゃブリーチだもん、痛いとか言うならそもそもやらない方がいいです)

終わった後に肌が赤くなることが多いので、終わってすぐに予定がある場合は後日にした方がオススメです。赤みは時間が経てば消えますが。

【セルフで眉毛ブリーチ】眉脱色はエピラット派な方もジョレンがオススメ。放置時間とやり方・使い方解説します。

まとめ

眉毛を脱色してあか抜けた見た目になりたい。
でも美容院でやってもらうのはちょっと高い..。
出来るなら、なるべく簡単に自分でブリーチしたい。

こんな風に思われている方は「買い」ですね。
簡単だし、しっかりやれば色も抜けてくれるし、おまけにお買い得です。
美容院よりもずっと安く、わざわざ行く手間も省けて、しかもすぐお家に届く。目元の印象があか抜けた感じになることを考えたら、随分良い買い物だと思います。

▼販売ページはこちら

最後までお読みいただきありがとうございました。
よろしければシェアはこちらから↓

眉マスカラカテゴリの最新記事