ナプラのモンシャルーテアプリーナ オーガニックヘアミルクの使い方

ナプラのモンシャルーテアプリーナ オーガニックヘアミルクの使い方

 


 

※追記
全部使い切ったので、記事後半に感想を追加しました。

今回レビューする商品は、ナプラ モンシャルーテアプリーナ オーガニックヘアミルクになります。

この手のオイルは髪に付けた後、手がベトベトしたりドライヤーの柄を握ると滑ったりしますが、このヘアミルクはベタつきがあまり無くノンストレスでサラッと付けることが出来ました。

ふんわりと香るいい匂いも魅力的です。

このヘアミルクは毛先の乾燥が気になる方や、髪の痛みが気になるという方はもちろん、同ラインのヘアオイルを使用している方にもおすすめのヘアミルクです。

ナプラのモンシャルーテアプリーナ オーガニックヘアミルクの使い方
 
※当記事は2018年3月14日に公開されたものを再編集した記事となっております。商品のデザインやパッケージが変更になっている場合がありますのでご了承下さい。
 

中身はこのようになっています

こちらは2プッシュ分の量です。

髪の長さによっては2プッシュでも十分そうな量です。
ヘアミルクらしいモタっとしたテクスチャーです。

ナプラのモンシャルーテアプリーナ オーガニックヘアミルクの使い方

実際に使ってみた感想

髪に馴染ませたときにハニーローズの香りが使う度に癒されます。

しっとりした重めの印象のヘアミルクですが、付け過ぎても髪を洗っていない人のようにギドギドになることは無いです。
 
↓購入はコチラから出来ます。

使い方は人それぞれ

一応裏のシールには、タオルドライ後適量を手のひらでよく伸ばし、毛先を中心によく馴染ませてから乾かします。と書いてありますが使いどきは自分流でよろしいかと思います。
 

朝、乾いた髪に使っても◯
もちろん勧められているタオルドライ後にも◯
ドライヤーで乾かしきった髪に付けても◯
ヘアアイロンを使う前に少量付けても◯
髪にツヤが欲しい時でも◯

 
ちなみに私の場合は、お風呂上りにドライヤーで完全に乾かした後に3プッシュ出し、毛先を中心に全体的に付けています。
あとは普段ヘアアイロンを使う前に1.5プッシュ使っています。
 

ボトルはこのようになっています

大きさはオロナミンCとほぼ同じサイズで、内容量もオロナミンCが120ml、こちらが130gなのでほとんど同じと考えてもいいですね。

ナプラのモンシャルーテアプリーナ オーガニックヘアミルクの使い方

ちなみに容器はガラスのように見えますがプラスチックでした。

ボトルの透明オレンジは洗面所を明るくしてくれますね。

ナプラのモンシャルーテアプリーナ オーガニックヘアミルクの使い方

オーガニックヘアミルクと言われるくらいの成分表記ですね。

メイドインジャパンのようです。

ナプラのモンシャルーテアプリーナ オーガニックヘアミルクの使い方

特徴

保湿に優れた、アプリコットオイル(アンズ核油)
オーガニックアルガンオイル(アルガニアスピノサ核油)

ダブル配合でダメージを受けた毛先をよりしっとり保湿し守ります。
 

成分表に記載がある

・アンズ核油
・アルガニアスピノサ核油
・ホホバ種子油
・オリーブ油
・ミツロウ

自然派化粧品がお好みの方はおすすめですね。

 
↓購入はコチラから出来ます。

↓ヘアオイルの購入はコチラから出来ます。

【追記】使い切りました

使い切ってから手元にヘアケア用品を持ち合わせてなかった為、数日間は髪に何も付けずに暮らしていましたがパサつきが酷く、乾燥する時期というのもありますが静電気で髪が顔にくっ付いてしまっていました。付けている時はこのような事はありませんでした。

ナプラのモンシャルーテアプリーナ オーガニックヘアミルクの使い方

【追記】まとめ

ヘアミルクが無くなって気付いた事は、今回紹介したナプラ モンシャルーテアプリーナ オーガニックヘアミルクはとても優秀でした。

今は他のヘアミルク/オイルのレビュー記事を書く為に一旦離れますが、落ち着いたらまた購入すると思います。そのくらい総合的に良かったです。
 
↓購入はコチラから出来ます。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。
よろしければシェアはこちらから↓

ヘアケアカテゴリの最新記事