プラウトのワンタフトブラシがおすすめ!効果は歯ブラシの2倍以上。使い方は簡単!一緒に使える歯磨き粉も!【レポ】

プラウトのワンタフトブラシがおすすめ!効果は歯ブラシの2倍以上。使い方は簡単!一緒に使える歯磨き粉も!【レポ】

今回レポする商品は、プラウトのワンタフトブラシです。

オーラルケアに興味がない方は知らずに暮らしていると思われるワンタフトブラシ。
専門的な歯ブラシに思われがちですが、簡単に使えて口内ケアの効果は絶大ですよ!

柄は実にカラフルで、パッケージも個包装されていて衛生的なのも気に入ってます。

パッケージ プラウト ワンタフトブラシ 歯ブラシ 歯茎 マッサージ

硬さは3種類

パッケージ プラウト ワンタフトブラシ 歯ブラシ 歯茎 マッサージ

自分はミディアムを使ってます。よほど理由がないは限り迷ったらにはミディアムを選べば大丈夫です。基本的に歯ブラシなどの口内ケア商品は極端に言えば柔らかいよりは硬い方を選んだほうがいいと、歯医者の先生も言ってました。他の硬さを試したことがないので何とも言えませんが、一応公式サイトに目安となるものを見つけたので抜粋して下記に引用しました。

ソフト:歯肉が健康な方、清掃がうまくできない歯間部に
ミディアムソフト:歯肉が健康な方、プラークが厚い、または粘度が高い部位に
ミディアム:歯肉が健康な方、裂溝が深い咬合面に

普通の歯ブラシと全く使い心地が違い、ミディアムでもブラシは硬すぎず柔らかすぎで、歯やその周辺を磨くだけではなく歯肉のマッサージにもなります。

パッケージはこんな感じ

パッケージ プラウト ワンタフトブラシ 歯ブラシ 歯茎 マッサージ
パッケージ プラウト ワンタフトブラシ 歯ブラシ 歯茎 マッサージ
画像のQRコードを読み込むと5分ほどの磨き方の動画が見れました。
細かく説明されていて参考になります!コチラからも視聴できます
 

使い方

・基本的には歯ブラシと同じで、鏡を見ながら使う
・特に歯裏や歯茎の境目に沿わす感じで使う
・歯周ポケットから汚れを掻き出すように
・歯ブラシでは磨きにくい一番奥の歯を磨く

クラウンやブリッジ部分は溝に歯垢がたまりやすいのでこのワンタフトブラシが活躍します。
他にも奥歯、親知らず、歯並びが悪い箇所、矯正器具、インプラントの歯茎の境目、にも効果的です。

自分の説明だと分かりにくいし、使い方を言葉で書いても分かりにくいので上で紹介してある動画を見た方が分かりやすいです。

同時にジェルタイプの歯磨き粉を使うといい!

ワンタフトブラシをより効果的に使用するためにはチェックアップのようなジェルタイプの歯磨き粉を使ってます。
一般的な歯磨き粉だとすこぶる付けにくいうえ、個人的に研磨剤が歯茎を傷付けそうな感じがして嫌なので(笑)
 
↓購入はコチラから出来ます。

あまり使わなくても交換は1~3ヵ月で!

夜、就寝前しか使ってなくても、1~3ヵ月に一回の交換がタイミングです。
ワンタフトは普通の歯ブラシのように毛先があまりバラけないので、目安にはなりません。
主に菌が生息してる箇所に使うので衛生面を考慮してこまめに交換するって感じですかね。

普通の歯ブラシを使うまえ?あと?

使うタイミングはいつでもいいと思います。好き好きで大丈夫です。
結局はいつ使ってもきちんと磨けていればいいわけですからね。
調べてみると賛否両論なのが分かる上、歯医者の先生によっても違うのも確認済です。

自分の場合、昔は歯磨き後の仕上げ用に使ってましたが、今はチェックアップをこまめに足しながら歯磨き前に使ってます。
 
↓購入はコチラから出来ます。

面白そうな1冊も見かけました(笑)

ワンタフトブラシを使った詳しい歯磨きの話を紹介しているようです。
確かにスウェーデンは歯科先進国ですからね!こうゆうのを出すのも納得です。
 
↓購入はコチラから出来ます。

 関連記事 


最後までお読みいただきありがとうございました。
よろしければシェアはこちらから↓

おすすめ歯ブラシカテゴリの最新記事