ヒルナンデスで紹介されたライオンのチェックアップ ルートケアの効果と使い方をまとめました。

ヒルナンデスで紹介されたライオンのチェックアップ ルートケアの効果と使い方をまとめました。

 


 

今回レビューする商品は、ライオンのチェックアップルートケアになります。

このライオンのチェックアップルートケアのという歯磨き粉、「ヒルナンデス」で紹介されて話題になりましたね。

※当記事は2018年3月30日に公開されたものを再編集した記事となっております。パッケージが変更になっている場合がありますのでご了承下さい。

ヒルナンデスで紹介されたライオンのチェックアップ ルートケアの効果と使い方をまとめました。

この歯磨き粉は、ドラッグストアに売られてる一般的な歯磨き粉よりフッ素が多く含まれています。

更に最近バージョンアップして、フッ素の濃度がより上がりました。

研磨剤無配合で低発泡のジェルタイプのハミガキ粉なので、歯や歯ぐきにも優しくメリットだらけの歯磨き粉となっております。
 
↓購入はコチラから出来ます。

フッ素がむし歯予防にもたらす効果は?

大きくまとめて3つあります。

・むし歯になりにくくしてくれる
・初期むし歯を治す(健康な状態に戻す)効果がある
・歯を強化させ、丈夫な歯にしてくれる

 

ここで少し比較をしてみたいと思います。

歯医者で使われているフッ素は9,000ppmですが、一般的な歯磨き粉に含まれているフッ素、950〜1,000ppmに比べて、
今回レポしているチェックアップルートケアは1,450ppmと歯科用には敵わないですが、市販の歯磨き粉にしては高フッ素配合なのが分かります。

日本では歯磨き粉等に含まれるフッ素の量は1,000ppmまでと決められていましたが、2017年に厚生労働省が1,500ppmを上限とする歯磨き粉が承認され、チェックアップルートケアもそのうちの一本になっております。
 
 
(ppmとは…微量な濃度を示すときに使う単位。簡単に言えば%と同じで存在割合を示す単位で、%より存在度が小さい時に使います。正式にはparts per million – 百万分率。全体を100万とした場合の存在割合を示します)
 

 関連記事 

パッケージはこのようになっております。

裏に書いてある説明や成分表を確認したい方はよろしければ参考にしてみて下さい。

ヒルナンデスで紹介されたライオンのチェックアップ ルートケアの効果と使い方をまとめました。
 

 関連記事 


香りは?

マイルドミント、と公式サイトには記載がありました。

実際に使ってみると、口に入れてもうっすらミントが香る程度でした。

効用が良くても「フレーバーの香りが苦手だから嫌だ…」と使わなくなってしまうこともよくある話ですが、個人的には嫌な感じは無かったため使いやすいと思いました。
 

チェックアップの使い方

歯磨きの基本ですが、使う前に歯ブラシは濡らさずに使って下さいね。

 
使う量の目安はこのくらいになります。
ハブラシと同じ長さにのせるイメージです。

ヒルナンデスで紹介されたライオンのチェックアップ ルートケアの効果と使い方をまとめました。

泡立ちが無いので、一般的に売られている泡立ちのある歯磨き粉を使っている方には物足りないと思いますが、チェックアップルートケアはそのような歯磨き粉となっております。
 

歯磨き後に大半の人がやっていると耳にしますが、「何回もたくさんの水で口をゆすぐ」をやってしまうと、フッ素が高濃度と言えど効果が得られませんので、うがいは少量の水で一回で十分となります。

普段使いにするのが一番です!

↓購入はコチラから出来ます。

歯を白くしたい方には、こちらの歯磨き粉もオススメです!

ホワイトニングが出来る歯磨き粉に変えて、気付いたら結構白くなっていました。
毎日の歯磨きだけでホワイトニングした記事も書いていますので、よろしければ合わせてご覧下さい。

効果は?歯が白くなる歯磨き粉【コルゲート オプティックホワイト リニューアル ハイインパクトホワイト】で簡単にホワイトニング!
記事はこちらになります↓


 

最後までお読みいただきありがとうございました。
よろしければシェアはこちらから↓

歯のホワイトニングカテゴリの最新記事