UNIQLO コットンノーカラーシャツをレビュー コントワー デ コトニエ

UNIQLO コットンノーカラーシャツをレビュー コントワー デ コトニエ

 


 

コントワーデコトニエのコットンノーカラーシャツ(長袖)を購入してみました。

UNIQLO コットンノーカラーシャツをレビュー コントワー デ コトニエ

  • ホワイトとブラックの二色展開
  • サイズはSMLの三種類
  • 綿100%で通気性が良い仕上がり

 
チュニック丈のシャツで長さ加減もいい感じなので、ワードローブに一着あると長く着れるデザインだと思います。
 


 

2022年6月24日(金)より販売開始。

※店舗での販売は、UNIQLO TOKYO店のみ。

1995年にフランスで生まれた、手の届くラグジュアリーブランド。高品質な天然素材にこだわり、シンプルなデザインでありながら、パリ発の洗練されたデザインのディテールが魅力です。世界中の多様な女性が、あらゆるシーンで自分を自由に表現するための、洗練されたコレクションを展開しています。

サイズはMを購入しました。

UNIQLO コットンノーカラーシャツをレビュー コントワー デ コトニエ

今回はSも試着してみましたが肩幅が狭かった為、ふいにテンションがかかった時に破れてしまいそうでしたのと、袖の長さも短かったで、私はMを選びました。
オーバーサイズで着たい方はLを選べばよろしいかと思います。

ちなみにSとMでは、着た感じ結構サイズ感が違う様に感じたので、自分の体にあったサイズで着用したい場合は、サイズ選びは慎重になさった方がよろしいかと思いました。

ちなみに私は169センチの48キロで痩せ型です。

せっかくなので細かく見ていきますね。

後ろからみたデザインはこのようになっています。

お尻はすっぽり隠れる長さです。

UNIQLO コットンノーカラーシャツをレビュー コントワー デ コトニエ

中は透けるので下にインナーは必要ですが、程良く透け感もあり、通気性も良かったです。

UNIQLO コットンノーカラーシャツをレビュー コントワー デ コトニエ

袖はこのようなデザインになっていまして、ボタンを外さないと脱ぎ着が難しいかもしれませんが、とてもオシャレなデザインでした。

UNIQLO コットンノーカラーシャツをレビュー コントワー デ コトニエ
 

購入時の付属品もご紹介しますね。

まずは入っていたビニールのカバーにはブランドのロゴが印刷されていました。

UNIQLOで購入した際のサイズ表記はMですが、コトニエの表記では36となっていますね。

UNIQLO コットンノーカラーシャツをレビュー コントワー デ コトニエ

ハンガーも付いてきましたが、こちらにもブランドロゴがあり、服が傷まないようにスポンジが付いているタイプのハンガーにかかっていました。

UNIQLO コットンノーカラーシャツをレビュー コントワー デ コトニエ

タグはこのようになっていました。

UNIQLO コットンノーカラーシャツをレビュー コントワー デ コトニエ

タグと一緒に付いていた、小さな紙袋には替えのボタンが二つ入っていましたので、もし取れてしまっても安心ですね。
多分使わないと思うので問題はありませんが、二つのうち一つのボタンが傷が付いていたのは気になりました。

まとめ

販売開始をずっと狙っていたので、実際に着てみると期待通りのデザインや着心地で、良い買い物が出来ました。

COMPTOIR DES COTONNIERS (コントワー・デ・コトニエ)の2022年、春夏コレクションのラインナップは他にもあるので気になる方はチェックしてみてはいかがでしょうか。
ワードローブに新たな一着をお迎えする良い機会かもしれませんね。
 

 関連記事 


 

最後までお読みいただきありがとうございました。
よろしければシェアはこちらから↓

ユニクロ服レポカテゴリの最新記事