モンダミンから紫のリステリン トータルケアに変えてみた話。使い方も紹介。

モンダミンから紫のリステリン トータルケアに変えてみた話。使い方も紹介。

 


 

今回レビューする商品は、紫のリステリン トータルケアになります。

モンダミンから紫のリステリン トータルケアに変えてみた話。使い方も紹介。

「売上世界ナンバー1」「リステリンで大胆になれるか!」でお馴染みのあのリステリンです。

値段はAmazonで購入しましたが、大容量の1500mlで1,163円でした。(購入当時)
 

トータルケアは6つの効果があるようです

・歯垢の沈着予防

・歯肉炎の予防

・口臭の予防

・歯石の沈着予防

・口中の浄化

・自然な白い歯へ

 

 関連記事 

使い方にひと癖ある

洗口液は歯磨き後に使用するのがほとんどですが、リステリンの場合は種類によって微妙に違います。

公式サイトのラインナップを見ると、基本的に歯磨き後の洗口液ですから歯を磨いた後に口をすすぐ為に使う。であっています。

しかし、今回紹介している紫のリステリンに関しては洗口液では無く液体ハミガキなので、歯磨き前にこれで口をすすいでから歯磨きに入る。が正しい使い方のようです。
 

おすすめの使い方は、フロス→歯間ブラシ→リステリントータルケア→ワンタフトブラシ→通常の歯磨き→歯磨き後用の洗口液(モンダミンプレミアムケア)ですすぐ

 
このようにリステリントータルケアを使えば、歯医者で褒められることでしょう。(ちなみに私は就寝前のみ、この順でしっかりと時間をかけて磨いています。歯医者の方にもしっかりと磨けていますと褒められました(笑))

使ってみた感想

今までモンダミンユーザーだった私が、生まれて初めてリステリンを使ってみたら、

香りが苦手なのと、口の中と舌が焼けるかのようにヒリヒリしました…。

不味いのを我慢し口をすすいだら、口内の薄皮が荒れました。単に刺激に弱いのかもしれません。

キャッチコピーに釣られて購入したのですが…という感じでした。

※全て個人的な意見ですがAmazonのレビューを覗いてみたところ、同じような意見があったので、好みがはっきり分かれる商品なのかもしれません。
 

とは言え、トータルケアは液体歯磨きとして、しっかり効果があるようなので好きになれるように歩み寄っていきたいと思います。

 

パッケージはこのようになっています

今回は、Amazonでお徳用1500mlのボトルを購入したので存在感があります。

モンダミンから紫のリステリン トータルケアに変えてみた話。使い方も紹介。
モンダミンから紫のリステリン トータルケアに変えてみた話。使い方も紹介。

液体の色はこのようになっていました

ボトル裏の成分表を見ると、この紫色は着色料になっていますが、ホワイトニングの際にはどうなんですかね?

歯磨き粉にも入っている着色料で考えれば、気にするほど多い割合ではないと聞くのであまり神経質にならなくてもいいのかもしれません。

モンダミンから紫のリステリン トータルケアに変えてみた話。使い方も紹介。

 関連記事 

匂いは?

ザ、湿布。サロンパス。
(口に含むと香りが倍増しているような…)

 
↓ご購入はコチラから出来ます。 ※現在はトータルケアプラスとして販売されています。

 
※当ページは2018年3月6日に公開されたものを再編集した記事となっております。商品のデザインやパッケージが変更になっている場合がありますのでご了承下さい。
 

最後までお読みいただきありがとうございました。
よろしければシェアはこちらから↓

歯のホワイトニングカテゴリの最新記事