ハイインパクトホワイトを50日間毎日使いました【使い方】

ハイインパクトホワイトを50日間毎日使いました【使い方】

お知らせ

当記事をご覧になって下さり、誠にありがとうございます。
公開から数年※経っても、未だにアクセスをして下さる方が多くて、ありがたい限りです。
※当記事は2018年3月22日に公開されたものを再編集した記事となっております。

こちらの記事でご紹介している歯磨き粉、Colgateのオプティックホワイト PLATINUM ハイインパクトホワイト は今はもう売っていないようで、「RENEWAL」という商品に新しく変わったようです。私が使ってみて感じた事は、ホワイトニング効果は確実にアップデートされていると思います。
参考の為に当記事は残しておきますが、新たにレビュー記事をアップしました。

ホワイトニングが出来る歯磨き粉を使い続けて、気付いたら結構白くなっていました。

この程度の白さまでならコルゲートのリニューアルした歯磨き粉 ハイインパクトでホワイトニング可能。

記事はこちらになります↓


 

今回レビューする商品は、Colgate オプティックホワイト「ハイインパクト」です。

20日間毎日使い続けた記事をコチラ↓で書いておりますので、よろしければ合わせてご覧下さい。
 


 

前回の記事を書いてから一本使い切ったので追加で購入しました。

ハイインパクトホワイトを50日間毎日使いました【使い方】

今回はヤフーショッピングにて購入したのですが、注文から到着まで半月程掛かりました。

遅くなる可能性があると、購入したショップの注意書きに書かれていたので全然許容範囲内ですが、レビューを見ると、「遅すぎ」「連絡がないから不安になる」などのネガティブな意見も見掛けました。

商品が届くまでの時間が掛かる場合、その分ワクワクして待っていられるタイプなので私は気になりませんでしたが、早く使いたい場合は早めにご購入された方がよろしいかと思います。
 
↓ご購入はコチラから出来ます。 ※新しくなったようです。

佐川急便で届いたのでさっそく開封します。

前回は85gでしたが、今回は大きいタイプの127gを購入した為、梱包されていた紙袋を開けた時の存在感は大きかったです。ちなみに2本買いました。

ハイインパクトホワイトを50日間毎日使いました【使い方】

箱のサイズの比較 (85gと127g)

ハイインパクトホワイトを50日間毎日使いました【使い方】

容量が異なるだけで内容は変わりません。

過去に商品レビューを書いている記事があるので、よろしければコチラ↓も合わせてご覧下さい。
 


 

早速2本目をこれだけ使いました!

ハイインパクトホワイトを50日間毎日使いました【使い方】

初めて使った1本目から数えると、通算で50日経過した事になります。
 

どのくらい白くなったかと言うと、20日間使ったあとの白さとほとんど変わりませんでした。

 
20日間使ったあとのBefore画像はコチラ↓で確認できます。
 


 
まだ1本半残っているので、目に見える変化があった際は画像付きでビフォーアフターを追記したいと思っています。
この記事を書いてる辺りから、使用方法を変えたので個人的にはこれからもう少し白さを出せるのではないかと思っています。
 

最近はというと…

この為に何度も歯を磨くのも歯に悪影響に思えてきたので、

⑴ コップのお湯で温めておいた歯ブラシで歯の両面に歯磨き粉を多めに置き2分以上放置

⑵ 全く力を入れないで摩擦で熱を帯びるかな程度の圧で磨く

⑶ 口をしっかりゆすぐ

これを3セットやっています。
毎回3セット目が終わった後は結構白くなっているのがはっきり分かります。
 
 

歯のホワイトニングにかかせない、この歯磨き粉にも含まれている過酸化水素には、温度が10度上がると効果が2倍になるというデータがアメリカの研究機関や歯科大学が論文で発表されているようで、更に光の種類は関係なく温度が関係しているようなので、家なら「ドライヤーで温めればいいのでは?」と思いやってみましたが、風と乾燥で唇と口内がパサパサになり速攻でやめました(笑)
温度が関係あるのなら夏場の方が冬に比べて効果が出やすいと思っていますので勝負はこれからというところでしょうかね。

ちなみに現在まで、炎症を起こすことや知覚過敏になるような事も起きていません。
ここまで使い続けた個人的な意見ですと、安全性は高いと思います。

細かい話をすると

ホワイトニング(過酸化水素を含む歯磨き粉も含む)直後の歯は、色が抜けやすい状態でもあるし、着色が入りやすい状態にもなります。

そのためなのか、先程紹介したやり方の2セット目、3セット目と回数を重ねると徐々に白くなっています。なので重視すべきは1回目より2、3回目なのではと自分では解釈しています。

ホワイトニングのメカニズム

白くなる原理は象牙質(色は黄色味を帯びている)まで漂白してるわけでなく、ペリクルという層を白くしています。

ペリクルはエナメル質の上にあるので、エナメル質の構造を変えて、象牙質の黄みを透けにくくし、白く見せる!といった感じなのです。

ですのでホワイトニングの効果をより感じるためにもエナメル質の強化は必須です。
コチラ↓の記事ではエナメル質を強化出来る歯磨き粉や、エナメル質の再生を強くする食べ物を紹介していますのでよろしければ合わせてご覧下さい。
 


 

歯磨きのあとに注意したこと

ホワイトニングの後は歯の表面は着色しやすい状態になっている為、
着色の元になるような食べ物は出来るだけ避けた方がいい!

ちなみに、着色しずらい食べ物はパイナップルやキウイ、パパイヤなどの汚れを分解する酵素をもった果物ですが、これらだけではお腹が空いてしまいますし入手もしにくいので、私はそこまでシビアに気にかけていませんでした。強いて言うなら、この歯磨き粉を使った直後にはカレーは食べない。程度です。

歯磨き粉を使い、自分で歯を白くするメリット

歯医者でやっていただけるホワイトニングは、高い濃度の薬剤を使うので短時間で白くできます。歯の状態によっては何度も通院する必要はありますが、歯磨き粉ホワイトニングと違う点は一度で目に見えた変化があることです。歯医者の方が全てやっていただけるので楽でいいです。

歯磨き粉ホワイトニングのメリットは、自分のタイミングで出来て、手軽でお手頃な価格といったところでしょうか!
 
↓ご購入はコチラから出来ます。 ※新しくなったようです。

 

※自分は歯医者ではない為、当記事に書いた専門的な内容は間違っていることがあるかもしれません。そこは大目に見てもらえるとm(_ _”m)ペコリ。歯の審美に関する事が好きなただの歯オタクですから…。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。
よろしければシェアはこちらから↓

歯のホワイトニングカテゴリの最新記事