セルフでの縮毛矯正のやり方。資生堂 クリスタライジングストレート

セルフでの縮毛矯正のやり方。資生堂 クリスタライジングストレート

 

まずはビフォーアフターをご覧下さい。

セルフでの縮毛矯正のやり方。資生堂 クリスタライジングストレート

ご覧の通りのくせっ毛ですが、セルフの縮毛矯正で全く傷まずにここまでストレートなりました。

美容院でやっていただく仕上がりとほぼ変わらない気がしました。もちろん美容院でやっていただくと100点の仕上がりですが、セルフでも90点は出せていると思いますので満足です。

初めに。

ネット上に上がっているセルフ縮毛矯正に関する記事は専門的で難しく、文章も長くて読みにくい上にネガティブな情報も多い為、読んでいるだけでハードルが上がってきてやる気が失せる。と私自身が感じたので当記事では超シンプルに分かりやすく書いているつもりです。

それゆえに情報が少なすぎて、分からない事や気になる事がありましたらこちらからご質問いただけますと分かる範囲でお答えさせていただきます。
 

今回使うのは、資生堂 クリスタライジングストレート α H になります。

セルフでの縮毛矯正のやり方。資生堂 クリスタライジングストレート
ラインナップは数種類ありますが、癖っ毛で悩んでいる方は迷わずに赤をお選びしても大丈夫だと個人的には思います。
 
↓購入はコチラから出来ます。

パッケージ裏の確認はこちらの画像をご覧下さい。

セルフでの縮毛矯正のやり方。資生堂 クリスタライジングストレート
 

Before.

癖っ毛が酷くて学生時代には縮毛矯正を定期的にしていまして…といった、私のスペック説明し始めてしまうと読者様には興味の無い文章が増えるだけですので、まずはBeforeの画像をご覧下さい。
(悩みを共感していただく為に、自分は◯◯◯で悩んでいました…、こんなエピソードが…、美容院での縮毛矯正はお金が掛かる…といった事をここで書くのが美容ブロガーの正解なんでしょうけど(笑))

セルフでの縮毛矯正のやり方。資生堂 クリスタライジングストレート

タオルドライ後に撮りました。濡れ感がパーマ風に見えなくもない感じです。

セルフでの縮毛矯正のやり方。資生堂 クリスタライジングストレート

完全に乾かしたら見ての通りのくせっ毛で、もっさりしてしまいます。
なので、普段はストレートアイロンで一度全てストレートにしてからコテでセットをする流れでした。その分時間は掛かってしまうのは仕方ない事だと諦めていました。

セルフでの縮毛矯正のやり方。資生堂 クリスタライジングストレート

そして、前髪の癖が強い部分はこのような状態です。

準備

必要な物が大体揃うので、このようにセットで売られているものを100均で2つ買うのが手っ取り早いかと思います。
(ケープ、手袋は2度使うので使い捨て、コームはその都度洗って使うのも手間なのでこちらも使い捨てで。最初から2セット買った方が結果的に作業効率が上がります。)

セルフでの縮毛矯正のやり方。資生堂 クリスタライジングストレート

こちらはストックで家にあったものなので、現在売っているパッケージとは違うと思いますのでご参考までに。
強いて言うならば、このようなセットに入っているビニール製のブカブカの手袋は今回の作業には向かないので、ゴム手袋を別に用意した方がいいかもしれません。

他に必要なものは、ヘアアイロンとダッカールとラップです。
あと、1剤/2剤を出す容器はあってもいいですけどビニール袋(2枚)で十分でした。

Try.

1. シャンプーをします。

髪に何かしら付けてる場合はしっかり落とします。この時リンスやトリートメントは使用しません。

2. ドライヤーでしっかりと乾かします。

3. 1剤を塗ります。

セルフでの縮毛矯正のやり方。資生堂 クリスタライジングストレート

根本を1センチあけて塗布するらしいです。
最初はハケで丁寧に塗ってみましたが、すぐに面倒臭くなってしまったので、手袋をした手で直接髪に塗り、根本1センチは避けるようにクシでとかすように馴染ませました。

4. ラップをして、10〜20分自然放置します。

セルフでの縮毛矯正のやり方。資生堂 クリスタライジングストレート

パッケージの説明には10〜20分放置と書いてありますが、今回は上限の20分放置しました。

5. 洗い流します。

何もつけずに、やさしく、流し残しがないようにお湯でしっかりと洗い流します。

6. 完全に乾かします。

この後アイロンするのでしっかりと乾かします。

セルフでの縮毛矯正のやり方。資生堂 クリスタライジングストレート

完全に乾かしきった後はこのようになりました。順調です!

7. 丁寧にストレートにしていきます。

セルフでの縮毛矯正のやり方。資生堂 クリスタライジングストレート

美容院で縮毛矯正をした事がある方は分かると思いますが、ストレートにする時は普段自分でアイロンをする時よりもダッカールで薄く分け取って丁寧にストレートに伸ばして下さい。ここで手を抜いてしまうと完全にアウトなので、根本からしっかりとストレートにします。

この時に髪のダメージを考えて、低めの温度でやってしまうとしっかり癖が伸びないので注意して下さい。180℃が基本となるようです。
私の使っているアイロンのMAX温度が170℃でしたが問題ありません。流石にそれ以下はよろしくないと思います。

8. 2剤を塗ります。

セルフでの縮毛矯正のやり方。資生堂 クリスタライジングストレート

今回は根本からしっかりと塗っていいので、1剤のように神経質にはならずにOKです。

手袋をした手に適量取り、髪にドバッと付け、クシでとかしなから馴染ませるを繰り返し、全体的にムラがないようにしっかり塗ります。このように適当にやっても結果的に問題ありませんでした。

9. 2〜3分放置します。

セルフでの縮毛矯正のやり方。資生堂 クリスタライジングストレート

この時はラップは使いません。

パッケージには2〜3分放置と書いてありますが、私は6分ほど放置しました。

10. 洗い流します。

お湯でしっかり洗い流してから、普段使っているトリートメント等をしてよくすすぎ、しっかりと乾かして終わりになります。ここでもシャンプーは使いません。

After.

セルフでの縮毛矯正のやり方。資生堂 クリスタライジングストレート
セルフでの縮毛矯正のやり方。資生堂 クリスタライジングストレート

結果としてセルフで縮毛矯正は余裕でした。

ここまでストレートに仕上がりましたし、全く傷みませんでした。
時間は約2時間掛かりました。
仕上がりは美容院でやっていただく縮毛矯正とほぼ変わらない気がします。
もちろん美容院でやっていただけば100点の仕上がりですが、セルフでも90点は出せていると思いますので満足です。

注意点。

縮毛矯正をやったことある方なら分かると思いますが、最低でも一日は髪を洗ったり、結んだりはNGです。お風呂に入る時は絶対に濡れないように対策を。

1剤の工程での軟化チェックは完全に省きましたし、1剤2剤ともに放置時間はきっちりと考えないで自分の感覚で行っていましたが、今の私の髪のコンディションでは問題なく納得の仕上がりになりました。

2剤の放置時間もそうですが、主に1剤の放置時間は、毛の状態(カラーやブリーチ等によるダメージ具合)によって個人差があるので、参考にする際は自己責任でお願い致します。

終わりに。

美容院で縮毛矯正をやって頂いていた時もよく伝えていたのですが、癖っ毛の時と違って確実に髪が乾きやすくなるんですよね。時短にもなるのでとても助かります。

セルフでの縮毛矯正のやり方。資生堂 クリスタライジングストレート
セルフでの縮毛矯正のやり方。資生堂 クリスタライジングストレート

自分で縮毛矯正をしたいと思っても取り掛かるまでは、面倒そう…時間が掛かりそう…大変そう…といったネガティブなイメージしかありませんでしたが、いざやってみると簡単でした!

混ぜて使うものではないので保存が出来ますし、まだまだ全然残っているので今後も使えますし、カラーのように定期的にするものでもないので、セルフで出来るとかなり安上がりになります!
 
↓購入はコチラから出来ます。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。
よろしければシェアはこちらから↓

ヘアケアカテゴリの最新記事