フリマアプリ利用者必見!鑑定不要のクロムハーツのキャップ見分け&帽子のメンテナンス方法も

フリマアプリ利用者必見!鑑定不要のクロムハーツのキャップ見分け&帽子のメンテナンス方法も

浅はかな知識量で出品者に対しヤフオクやメルカリの質問欄やYahoo!知恵袋で、低クオリティな質問を投げかけている方をたまに見かけるので、是非、真髄を確認する際や鑑定が厳重でないお店で購入する場合は参考にしてほしい。しかし…

クロムハーツのキャップは各アイテムの中でもマイナーチェンジの多いアイテムとなってるので記載漏れなどや誤載はご勘弁を

~ベース編~

当時販売されていたCHROME HEARTSのキャップはOTTO(アメリカの帽子専門メーカーで無地だと日本でも数百円程度で購入できる)と、YONGAN(ヨンガン)からベースを仕入れ、上部に付いているシルバーボタン、レザーパッチ、タグを付けて販売していたよう。

実際にキャップのベースのメーカーが2種類混在する時期があった。

違いを分かりやすく言うと…
アジャスターのメーカー表記(OTTOかYONGAN)と前ツバの縫い目ラインの本数。
ちなみに、クロムハーツジャパンのタグは国内入荷分だけで海外購入品や独自のルートで輸入販売している専門店で購入した際は付いてない。

現行ではアジャスター部分にmade in USAと表記されており、ベースも独自のラインに切り替えたよう。内部にはロゴのリボンが配置されていて、より一層ブランドを感じることの出来るようになった。裏地は従来のウレタンフォーム(スポンジ)とコットンのみ、の2種類を確認。

~メッシュキャップのメンテナンス法~

例えばこのスタンダートタイプのトラッカーキャップ

 

クロムハーツ 帽子 トラッカーキャップ ブラック/ホワイト

 

 関連記事 

白い部分が汗や汚れで黄ばんだり、黒いツバの部分が汗で白くなってしまった場合や経年汚れなどが長年愛用すると避けては通れないですが、

クロムハーツのキャップを得意に扱っている業者でクリーニングをしてもらえば大体の汚れは綺麗になります。しかもどの店舗も良心的で数万円するこのキャップを数千円で綺麗にしてくれるので出す価値はあります。

場合によっては染め直しも行えば、日焼けや紫外線で退色したツバの部分の黒補正も同時にできますし、内側のウレタン部分(スポンジ)が経年劣化してない限りこのメンテナンス方法で長年着用できます。オプションで撥水加工やメッシュ部分の復元(形状記憶加工)も施してくれるお店もありましたので自分の愛用しているキャップに合ったメンテナンスを選んでみて下さい。

 

ちなみに自分はレザーパッチ付きのキャップをクリーニングと撥水加工を依頼し長年綺麗なまま着用しています。次はクロムハーツやYOSHINORI KOTAKE(ヨシノリコタケ)をはじめ、メッシュキャップのカラー補正を専門にやっているクリーニング屋で紫外線で退色した部分の黒補正メンテナンスしてもらおうと考えてます。
 

 関連記事 


~革部分のメンテナンス法~

ファッショニスタには帽子を被る季節なんて関係ありませんが、主に夏に被るとして直射日光は少なからずパッチにダメージを与えてしまい、革の内部が乾いてしまいひび割れの原因にもなるので、レザーパッチが付いてあるタイプは革である以上たまにはオイルでエイジングすると風合いも損ねなません。皮革部分は羊革などしっかりした革が使われているため革財布のようにパッチも経年変化で育てる楽しみがありますね。
 

 関連記事 

どうですか?

こうやって聞くと長年着用出来てなかなか愛着の沸きやすいナイスなアイテムだと思いませんか⁈
 
▼販売ページ

最後までお読みいただきありがとうございました。
よろしければシェアはこちらから↓

クロムハーツお得情報カテゴリの最新記事